SONY VAIO(バイオ)のSSD換装、ハードディスク交換を承ります。

SONY VAIO(バイオ)のSSD換装、ハードディスク交換を承ります。

VAIO VGN-TX90PS SONY VAIO(バイオ)のSSD換装、ハードディスク交換を承ります。

 VAIOは携帯用途をほとんど考慮していないのか、他社製品と比べるとハードディスク回りの耐衝撃性を高める措置がほとんど取られていないことに気付きます。つまりハードディスクが壊れやすいということです。当社でもVAIO登場当初からいくつかの機種を利用してきましたが、ことごとくハードディスクが壊れました。

 ということは、VAIOに限っては特にSSD換装の意義が大きいわけです。小型のVAIOをご利用の方には是非、SSD換装をおすすめ致します。

当社ではビジネス用途に耐えうる丈夫で性能の高いSSDを厳選しています。

 SSDは様々なメーカーから他機種が販売され、速度ばかりで評価される事が多いですが、開発途上の新しいパーツであり、設計上の欠陥、相性問題、不良が少なくないのが現実です。当社でも年に一度は仕入品のロットアウト(全返品)が起こっています。速度、安定性、故障率、コントローラー、フラッシュメモリー、ターゲット層、コンセプト、開発予算、アセンブリー能力、品質管理、市場からのフィードバック等を総合的に考えるならば、ビジネス用途で安心して使用できるSSDはかなり限定されます

 小売店とは異なり、当社の様に組み込んで一定期間の動作保証を行うとなると、SSDに関する情報収集、検証作業、実験に基づく厳密な製品選びが欠かせません。良品の見極めが容易ではないことにSSD換装サービスを行う理由があり、良品が容易に手に入る環境になれば単なるハードディスク交換と変わりなく、SSD換装サービスの存在意義はありません。何度か、世間で騒ぎになる前に大きな欠陥を発見し、メーカー、代理店に伝えたことがありますが、それで今までに流通が止まったことはありません。欠陥が認識されながらも流通される。。。それがPCパーツの世界です。大勢の人達の泣き寝入りの上に成り立っています。

 よく、どのメーカーの、どの型のSSDが良いかと聞かれますが、そんなものはありません。人間の作るものです。多かれ少なかれ、大きかれ小さかれ、どんなパーツにも問題はあります。どこでラインを引き、どれを選択するかで、一番無難なものを選ぶのみです。また数仕入れば必ず不良品がありますが、不良品に当たるならば元も子もありません。どのメーカーも頻繁にモデルチェンジを行なっていますので、良くなったり、悪くなったりの繰り返しです。結果的に納品後の不良の報告は皆無に近く維持されていますが、粗悪品を掴んで撤退を余儀なくされた代理店をいくつか見ていると、とても幸運なことだと思うばかりです。

 自分でSSD換装された方、他の業者で換装したもらった方でトラブルが起こり、ご相談頂くことも少なくないですが基本的には手の施しようはありません。そもそも製品選びで間違っているからです。自己責任、あるいは業者に相談して下さいと答えるばかりです。このような状況ですので現在、SSDお持込みの換装サービスは行なっていません。

SSD換装、ハードディスク交換料金(部品代込)

以下の料金はSSD代SSD換装料金データ移行料金(旧ハードディスクから全てのデータ移動、起動可) 又は リカバリー料金(工場出荷状態)が含まれたセット価格となっております。

SSDは多種存在しますが、当社では実機で検証しながら、相性が良く、性能が高く、故障率の低い最適なSSDを選択致します。不良品はあらかじめ除かれ、欠陥のあるSSDは使用致しません。安心してご利用頂けます。

SATAタイプ

VGN-Z90US


500GB ハードディスク 40,800円(税込)
1TB ハードディスク 44,800円(税込)

128GB SSD 46,800円(税込)
256GB SSD 61,800円(税込)
512GB SSD 94,800円(税込)

1.8インチIDE 50pinタイプ

VGN-TX90PS


64GB SSD 47,800円(税込) ※128GB 256GBと比べて速度が遅いです。
128GB SSD 58,800円(税込)
256GB SSD 84,800円(税込)

1.8インチIDE ZIFタイプ

64GB SSD 46,800円(税込) ※128GB 256GBと比べて速度が遅いです。
128GB SSD 57,800円(税込)
256GB SSD 83,800円(税込)

納期

お持込みの場合は、日時予約制で約2時間程度で作業が完了致します。
郵送の場合は、到着日もしくは翌日に発送させて頂きます。

注意事項

料金はパーツの実勢価格の変動により上下する場合がございます。
上記料金は納品後1週間以内にお支払頂ける場合の現金特価料金です。大手企業、大学(校費払い)、研究機関等、自社の締め日に従ってお支払されたい場合は料金を+10,000円とさせて頂きます。
元のハードディスクは納品時に返却致します。
元のハードディスクに損傷箇所が多かったり、圧縮ディスクをかけている等で作業時間が通常よりも余計にかかってしまう様なケースでは、別途追加料金が発生する場合があります。
リカバリー領域を削除してしまった場合、リカバリーディスクがない場合でもご相談下さい。
ハードディスクリカバリータイプの機種の場合、通常はリカバリー領域の移行も行います。万一、MBR(ディスクの先頭領域)が破損した場合、リカバリー領域からの復旧はできなくなります。リカバリーディスクの作成が可能な機種の場合は、リカバリーディスクを作成することをおすすめ致します。

お申し込み方法について

お問い合わせフォームもしくは電話(03-5828-5376)にてご連絡下さい。年中無休

SONY VAIO(バイオ)のSSD換装の実例

→ SSDお持込みで、SONY VAIO VGN-TX90PSのSSD換装を承りました。

パソコン、ハードディスク、データの取り扱いについて

お預かり致しましたパソコン、ハードディスクは物理的な衝撃、発熱等により損傷を受けることがないように、細心の注意を払いながら作業、管理致します。
当社は秘密厳守に徹底致しております。
復旧されたハードディスク内のデータを複製したり、第三者に配布する等の行為は一切致しません。
作業は当社のみで行い、第三者にアウトソーシングする事はありません。

SSDの交換によるメリット、デメリットと誤解

SSDに換装によるするメリットは、

物理的に衝撃に強くなります。パソコンを落としてもデータが失われにくくなる。全体的に見るならばハードディスクより長持ちしています。
処理速度が向上します。通常、PCの動作速度のボトルネックとなるのは一番データ処理速度の遅いハードディスクです。
消費電力が少なくなります。物理的な回転機構がないのでハードディスクよりも電力消費が小さいです。パソコンのバッテリー使用時間が伸びます。

SSDに換装によるデメリットは、

・一旦、故障するとハードディスクよりもデータ復旧が困難です。SSDもハードディスク同様にバックアップは必須です。
・ハードディスクよりも電圧変化に対する耐久性が低いです。マザーボードの電源回路が消耗、故障すると壊れやすくなります。

SSDについての誤解は、

寿命の話です。まずどんなパーツでも消耗品であり、寿命はあります。故障品を見ると原因として多いのは製品の欠陥、PC本体の電源回路の故障です。フラッシュメモリーの寿命に達するのは、ノートパソコンの一般用途では不可能に近いです。ディスクの多くを占めるOSの占有領域、プログラムの占有領域はリカバリーやプログラムの更新がなければ書き換え回数は増えないです。常に書き換え回数が増加する領域は一般的には少ないのです。

速度低下の話です。最近のSSDはTrim機能を備えていますのでほとんど速度低下は起こらないです。速度低下が起こるケースの多くはOS、常駐プログラムが大きな負荷、待機時間を発生させている、ディスク領域に空きがなく一時ファイルの確保が容易でない、レジストリー肥大化、ゴミファイル蓄積などソフト的な要因がほとんどてす。SSD自体が欠陥品の場合もあります。データの断片化による影響は小さいです。

これらは欠陥品、不良品の正当化に利用される話だと思った方が良いです。
【タグ】
【カテゴリー】 SSD交換・換装

RSS 2.0

同じジャンル

  • これから増やしていきます!

関連情報

Comments are closed.