Panasonic Let’s Note(レッツノート)のSSD換装、ハードディスク交換、容量アップを承ります。

Panasonic Let’s Note(レッツノート)のSSD換装、ハードディスク交換、容量アップを承ります。

 Let’s Note(レッツノート)はノートパソコンの中でもビジネス用途を意図されているので、他のノートパソコンと比較すると丈夫な方です。しかし最近は売れ行きが低迷し、コストダウンに迫られ、品質が低下してるのは否めないです。ハードにビジネス用途で使用するならば、慎重に機種を選択する必要があります。ここのところ、質の良い旧製品の中古品を探される方々も少なくないです。

 当社はSSDが現れてからLet’s Note(レッツノート)のSSD換装サービスを行なってきました。ビシネス用途で使用される方が多いので、重要な場面でのトラブルが起こらないように、SSDの製品選び、検品には最大限に注意を払ってきました。これまで主に、大学、研究機関、官公庁、企業、ビジネス用途で使用されるお客様からのご依頼が受けてきましたが、ほとんどトラブルは皆無に近い状態を維持することができ、リピーターさんも増えました。またSSDの重大な欠陥を発見し、メーカーサイドに報告したことも度々あります。

 当社ではデータ復旧作業も行っていますが、データの重要性、保存メディアの品質の重要性は日々、痛切に感じています。PCは買い替えができますが、失ったデータは取り返しが付かないです。SSD換装作業において一番大事なのは、SSDの選択と検品です。それ以外はハードディスクの交換作業と変わりありません。安易に価格相応のSSDを使用してしまい、トラブルの相談を受けることも少なくなく、SSDのリスクを感じています。当社で採用するSSDについては、ネット等の情報に依らず、実際にPCで使用しながら安定性の検証を行っています。自分が使う気になれない製品、使えない製品を、お客様に使わせる訳にはいかない、というこだわりがあります。製品切り替えの度に忙しくなります。

CF-B10 Let's Note ハードディスク

 最近のPanasonicが選択している多くのSSDについて、品質が良いとは言えないことも書いておきます。耐久テストには現れませんが、フラッシュメモリーに癖があり、電源断、スリープ等による電圧変化により、フラッシュメモリーの一部がデータクリアされ、データ破損が起こりやすいことが確認されています。Panasonicのサポートでは、再現性が確認できない言われ、対応してもらえないのが定番の様です。コストダウン重視で、採用するSSDの品質も落ちていますので、SSDモデルは注意を要します。特にCF-LXシリーズのSSDモデルは避けるべきです。

 当社ではSSD換装のみならず、メモリー増設、Panasonic純正部品使用した天板交換、液晶修理、各種修理作業も承っております。増設メモリーもLet’s Note(レッツノート)に合った高品質な製品を使用しています

SSD換装、ハードディスク交換料金(部品代込)

料金は①SSD代金②SSD換装料金③データ移行料金(旧ハードディスクから全てのデータ移動、起動可)又はリカバリー料金(工場出荷状態) ④パーティション変更料金が含まれたセット価格となっております。

動作の安定性を第一に考え、低品質の廉価品SSDは使用致しません。使用するSSDは実機で検証し、相性問題がなく、安定動作するものを選択します。あらかじめ検品を行い、不良品、欠陥品は除かれます。換装後1年以内のトラブルは0.1%以下となっています。



CF-R6 CF-R7 CF-R8 CF-R9シリーズ
CF-T7 CF-T8 CF-T9シリーズ
CF-W7 CF-W8 CF-W9シリーズ
CF-Y7 CF-Y8 CF-Y9シリーズ

500GB ハードディスク 35,800円(税込)
1TB ハードディスク 39,800円(税込)

128GB SSD 44,800円(税込)
256GB SSD 56,800円(税込)
512GB SSD 81,800円(税込)
1TB SSD 129,800円(税込)

 最近のノートパソコンはワイド液晶ですが、CF-Rシリーズ、CF-Wシリーズ、CF-Yシリーズは縦が長いスクエア液晶で、文章作成作業がしやすいので、大切にされている方が多いです。また、最近のパソコンには満足出来ず、中古品を探して高値で購入される方もいらっしゃいます。人気のあるシリーズです。Windows 7の導入も承ります。各機種専用のドライバー類も導入致します。一部、Panasonicで提供されているドライバーでは足りないものを補って対応しています。Vistaからのアップグレードは必ず問題が起こるのでクリーンインストールのみの対応となります。

Let's Note CF-R8



CF-S8 CF-S9 CF-S10シリーズ
CF-N8 CF-N9 CF-N10シリーズ
CF-F8 CF-F9 CF-F10シリーズ
CF-J9 CF-J10シリーズ
CF-B10 CF-B11シリーズ
CF-C1シリーズ

500GB ハードディスク 35,800円(税込)
1TB ハードディスク 39,800円(税込)

128GB SSD 44,800円(税込)
256GB SSD 56,800円(税込)
512GB SSD 81,800円(税込)
1TB SSD 129,800円(税込)

 生産終了となったモデルも含まれていますが、最近の薄型モデルと比べて厚みがある分、衝撃緩衝材も厚く、丈夫で故障は少ないです。大容量のハードディスクに交換するご依頼も少なくないですが、実用に耐えられます。状態の良い中古品を探して購入される方が多いです。特にCF-Fシリーズは複数台所有されている方が多く見られます。

CF-J9 CF-S9



CF-SX1 CF-SX2 CF-SX3 シリーズ
CF-NX1 CF-NX2 CF-NX3 シリーズ
CF-LX3 シリーズ(ハードディスクモデル)

128GB SSD 44,800円(税込)
256GB SSD 56,800円(税込)
512GB SSD 81,800円(税込)
1TB SSD 129,800円(税込)

 CF-SXシリーズ、CF-NXシリーズは薄型化により、緩衝材も薄くなり、ハードディスク故障のケースが多いです。元々、SSDを前提に設計されていると思った方が良いです。大容量のハードディスクに交換するニーズもありますが、実用に耐えられません。SSD換装に失敗してフレキシブルケーブルを断線させる方がいらっしゃいますが、ケーブル修理は承っておりません。



CF-R1 CF-R2 CF-R3 CF-R4 CF-R5シリーズ
CF-T1 CF-T2 CF-T4 CF-T5シリーズ
CF-W2 CF-W4 CF-W5シリーズ
CF-Y2 CF-Y4 CF-Y5シリーズ

64GB SSD 39,800円(税込)
128GB SSD 45,800円(税込)

 旧製品は貴重なファンレスモデルです。メモリーを増設し、良質のSSDに換装し、軽量のセキュリティーソフトを使うならば快適に使えます。Windows XPはサポート終了ではなく、有料サポートに移行しましたが、使っている方々が多いです。これまでのソフトウェア資産、周辺機器を継続して使用する必要性があるからです。実際、Windows XPに起因する大きなトラブルは報告されていません。Linuxを導入して、使われる方もいます。Windows 7を導入可能な機種はCF-R5、CF-T5、CF-W5、CF-Y5です。



CF-AX2 CF-AX3シリーズ
CF-MX3 シリーズ
CF-LX3 シリーズ(SSDモデル)

 今現在、高品質なSSDが存在しないので当社では対応していません。元々、採用されているSSDはUltraBook系で、品質も良いとは言えず、ハードな環境での使用、ビジネス用途には向きません。PCが破損した場合のデータ回収も容易ではないです。

Let’s note CF-AX2

納期

お持込みの場合は、日時予約制で約2時間程度で作業が完了致します。
郵送の場合は、到着日もしくは翌日に発送させて頂きます。

注意事項

料金はパーツの実勢価格の変動により上下する場合がございます。
上記料金は納品後1週間以内にお支払頂ける場合の現金特価料金です。大手企業、大学(校費払い)、研究機関等、自社の締め日に従ってお支払されたい場合は料金を+10,000円とさせて頂きます。
元のハードディスクは納品時に返却致します。
元のハードディスクに損傷箇所が多かったり、圧縮ディスクをかけている等で作業時間が通常よりも余計にかかってしまう様なケースでは、別途追加料金が発生する場合があります。
リカバリー領域を削除してしまった場合、リカバリーディスクがない場合でもご相談下さい。
ハードディスクリカバリータイプの機種の場合、通常はリカバリー領域の移行も行います。万一、MBR(ディスクの先頭領域)が破損した場合、リカバリー領域からの復旧はできなくなります。リカバリーディスクの作成が可能な機種の場合は、リカバリーディスクを作成することをおすすめ致します。

お支払いについて

お持込みの場合は、現金払いのみとなります。クレジットカードはご使用頂けません。
郵送の場合は、銀行振込のみとなります。納品後1週間以内にお振込みをお願い致します。振込手数料はお客様ご負担となります。

保証について

保証期間は、SSDは1年間、ハードディスクは1ヶ月となります。製品によってはさらに長期間保証対応できるものもあります。
詳細は当社保証規定をご参照下さい。

郵送の際のご注意

郵送の際、エアーパッキン等で物理的な損傷を受けない様に厳重に梱包して下さい。郵送時のトラブルに関しては当社は責任を負いかねます。
送料はお客様ご負担となります。

お申し込み方法について

お問い合わせフォームもしくは電話(011-737-5378 03-5828-5376)にてご連絡下さい。年中無休(予約制)

Panasonic Let’s Note(レッツノート)のSSD換装、ハードディスク交換の実例

マイレッツ倶楽部仕様のLet’s note CF-R6のSSD換装とWindows 7導入を承りました。
静岡のお客様よりCF-R7のSSD換装、Windows 7導入を承りました。
札幌のお客様よりLet’s note CF-SX2の256GB SSD換装を承りました。
都内のお客様よりLet’s note CF-SX2 SSDモデルの512GB SSD換装を承りました。
北海道北斗市のお客様よりLet’s note CF-SX2のSSD換装を承りました。
北海道大学のお客様よりLet’s note CF-N9のSSD換装を承りました。
岡山のお客様よりLet’s note CF-R6のSSD換装、Windows 7導入を承りました。
京都大学のお客様よりLet’s note CF-S9のSSD換装を承りました。
都内のお客様よりLet’s note CF-F9の256GB SSD換装を承りました。
神奈川のリピーターさんより赤いLet’s note CF-T5のSSD換装を承りました。
宮城県のお客様よりLet’s note CF-SX1の512GB SSD換装を承りました。
Let’s note CF-AX2をマイレッツ倶楽部仕様と同型の256GB SSDに換装しました
都内のお客様よりCF-J10のSSD換装を承りました。
北海道大学のお客様より、Let’s note CF-S8のSSD容量アップ512GBを承りました。
Let’s note CF-W5Aの256GB SSD換装、Windows 7導入を承りました。
愛知のお客様よりLet’s note CF-SX2の512GB SSD換装を承りました。
Let’s note CF-NX1の512GB SSD換装を承りました。
Let’s note CF-SX1のSSD換装を承りました。
東北大学のお客様よりLet’s note CF-S10のSSD換装を承りました。
某テレビ局のリピーター様よりLet’s note CF-R6のSSD換装を承りました。
埼玉のお客様より札幌郵送でLet’s note CF-W5のSSD換装を承りました。
都内北区のお客様よりLet’s note CF-S10の512GB SSD換装を承りました。
大阪のリピーターのお客様よりLet’s note CF-S8とCF-S9の512GB SSD換装を承りました。
大阪のお客様より、Let’s note CF-W5のSSD換装、Windows 7導入を承りました。
大阪大学のお客様よりマイレッツ倶楽部仕様のLet’s note CF-W8のSSD換装を承りました。
Let’s note CF-R6のSSD換装、スピードアップを承りました。
Let’s note CF-S10の256GB SSD換装を承りました。
Let’s note CF-T7のSSD換装を承りました。
SSD換装によりLet’s note CF-W2を高速化しました。
夜22:30にLet’s note CF-T5のお持込み、SSD換装を承りました。
最新のLet’s note CF-J9の256GB SSD換装を承りました。
荻窪の歯医者さんよりLet’s note CF-W7のハードディスク大容量化を承りました。
マイレッツ倶楽部仕様のLet’s note CF-R9のSSD容量アップを承りました。
川崎の病院に入院されているお客様より、Let’s note CF-R4のSSD換装のご依頼を承りました。
仙台のお客様よりLet’s note CF-R7のSSD交換、キーボード交換を承りました。
動作が遅いマイレッツ倶楽部仕様のLet’s note CF-R6(Windows Vista)のSSD換装を承りました。
渋谷のお客様よりPanasonic Let’s note CF-T5のSSD換装、メモリー増設を承りました。
秋田のお客様よりLet’s note CF-F9のSSD換装を承りました。
横浜のお客様よりLet’s note CF-R7のSSD換装を承りました。
SSDお持込みでLet’s note CF-R6のSSD換装を承りました。
広島のお客様よりLet’s note CF-R2のSSD換装、1GBメモリー増設を承りました。
天板ボコボコのLet’s note CF-R7の160G SSD換装を承りました。
天板のへこんでいるLet’s note CF-R4のSSD換装を承りました。
海外在住のお客様よりリカバリー領域の破損したLet’s note CF-R3のSSD換装を承りました。
Let’s note CF-W4のSSD換装、データ移行を承りました。
Let’s note CF-R8の160G SSD換装、データ移行を承りました。
ハードディスク、リカバリー領域の破損したLet’s note CF-R3のSSD換装、リカバリーを承りました。
Let’s note(レッツノート) CF-T5(Windows 7)のSSD換装、データ移行を承りました。
元旦にハードディスクの破損したLet’s note CF-R3のSSD換装、リカバリー、メモリー増設を承りました。
Let’s note CF-Y2のSSD換装(SSDお持込み)を承りました。
Let’s note CF-T5のSSD換装、データ移行を承りました。
Let’s note CF-T8のSSD換装、メモリー増設、Windows 7インストールを承りました。
Let’s note CF-Y2のSSD換装を承りました。
Let’s note CF-W5のSSD換装、メモリー増設、天板交換を承りました。
ハードディスクが故障してリカバリー領域が壊れたLet’s note CF-R3のSSD換装とリカバリーを承りました。
綺麗なLet’s note CF-R4のSSD換装を承りました。
マイレッツ倶楽部仕様のLet’s note CF-R4のSSD換装を承りました。
ハードディスクの壊れたLet’s note(レッツノート) CF-R3のSSD換装を承りました。
Let’s note(レッツノート) CF-W5のSSD換装を承りました。
Panasonic Let’s Note(レッツノート) CF-W2をSSD換装致しました。
Let’s note(レッツノート) CF-R4 ピン折なしでSSDを接続する方法はないか?

パソコン、ハードディスク、データの取り扱いについて

お預かり致しましたパソコン、ハードディスクは物理的な衝撃、発熱等により損傷を受けることがないように、細心の注意を払いながら作業、管理致します。
当社は秘密厳守に徹底致しております。
復旧されたハードディスク内のデータを複製したり、第三者に配布する等の行為は一切致しません。
作業は当社のみで行い、第三者にアウトソーシングする事はありません。

SSDの交換によるメリット、デメリットと誤解

SSDに換装によるするメリットは、

物理的に衝撃に強くなります。パソコンを落としてもデータが失われにくくなる。全体的に見るならばハードディスクより長持ちしています。
処理速度が向上します。通常、PCの動作速度のボトルネックとなるのは一番データ処理速度の遅いハードディスクです。
消費電力が少なくなります。物理的な回転機構がないのでハードディスクよりも電力消費が小さいです。パソコンのバッテリー使用時間が伸びます。

SSDに換装によるデメリットは、

・一旦、故障するとハードディスクよりもデータ復旧が困難です。SSDもハードディスク同様にバックアップは必須です。
・ハードディスクよりも電圧変化に対する耐久性が低いです。マザーボードの電源回路が消耗、故障すると壊れやすくなります。

SSDについての誤解は、

寿命の話です。まずどんなパーツでも消耗品であり、寿命はあります。故障品を見ると原因として多いのは製品の欠陥、PC本体の電源回路の故障です。フラッシュメモリーの寿命に達するのは、ノートパソコンの一般用途では不可能に近いです。ディスクの多くを占めるOSの占有領域、プログラムの占有領域はリカバリーやプログラムの更新がなければ書き換え回数は増えないです。常に書き換え回数が増加する領域は一般的には少ないのです。

速度低下の話です。最近のSSDはTrim機能を備えていますのでほとんど速度低下は起こらないです。速度低下が起こるケースの多くはOS、常駐プログラムが大きな負荷、待機時間を発生させている、ディスク領域に空きがなく一時ファイルの確保が容易でない、レジストリー肥大化、ゴミファイル蓄積などソフト的な要因がほとんどてす。SSD自体が欠陥品の場合もあります。データの断片化による影響は小さいです。

これらは欠陥品、不良品の正当化に利用される話だと思った方が良いです。


これまでに対応した機種型番の一例

CF-R1NVAXP
CF-R2AW1AXP CF-R2AW1AXR CF-R2CW1AXS
CF-R3DC1AXS CF-R3DW1AXP CF-R3DW1AXR CF-R3DW1AXS CF-R3DW3AXP
CF-R3EW1AXR CF-R3EW1AXS CF-R3EW2AXP CF-R3EW4AXP
CF-R3FW1AXR CF-R3FW1AXS
CF-R4GW5AXR CF-R4GW5AXS CF-R4GWKAXP
CF-R4HW4AXR CF-R4HW4AXS CF-R4HWMAXP
CF-R4JW4AXR
CF-R5KW4AXR CF-R5KWPAXP
CF-R5LC4AXS CF-R5LW4AXR CF-R5LWVAXP
CF-R6AW1AJP CF-R6AW1AXS CF-R6AW1BJR CF-R6AWBAXP
CF-R6MW4AJR CF-R6MWVAJP
CF-R7BW5AJR CF-R7BW5AXS CF-R7BW5NJR CF-R7BWBAJP
CF-R7CW5AJR CF-R7CW5NJR CF-R7CWYAJP
CF-R7DW6AJR CF-R7DW6NJR CF-R7DWBAAP CF-R7DWWAJP
CF-R8EW6AJR CF-R8EW6NJR CF-R8EWWAJP
CF-R8FW1AJR CF-R8FWAAJP CF-R8FWJCJR CF-R8FWWAJP
CF-R8GC1AJS CF-R8GW1AJR CF-R8GW1NJR CF-R8GWJCJR
CF-R8HW3BDP CF-R8HWJBDP
CF-R8WW1AJR
CF-R9JW3CDP CF-R9JWACDR CF-R9JWJBDP
CF-R9KW5BDP CF-R9KWCEDR CF-R9KWDCPS

CF-T1PWAXP CF-T1RCAXR
CF-T2BC1AXS
CF-T2DC1AXS CF-T2DC9BXC CF-T2DW1AXR CF-T2DW1AXS
CF-T2EW1AXS
CF-T2FW1AXS
CF-T4GW5AXS
CF-T4HW4AXR CF-T4HW4AXS
CF-T5AW1AXS CF-T5AW1BJR CF-T5AW1DXS CF-T5AW1PJR CF-T5AW7AXP
CF-T5KC9AXS
CF-T5LW4AXR CF-T5LW4AXS
CF-T5MW4AJR CF-T5MW4AXS CF-T5MW9AJS
CF-T7BW5AJR CF-T7BW5NJR
CF-T7CW5AJR
CF-T7DW6AJR CF-T7DW6AJR CF-T7DW6NJR
CF-T8GW1AAS

CF-W2AW1AXP CF-W2AW1AXS
CF-W2BW1AXR CF-W2BW1AXS CF-W2BW3AXP
CF-W2CW1AXR CF-W2CW1AXS CF-W2CW1BXS
CF-W2DW1AXP CF-W2DW1AXS CF-W2DW6AXR CF-W2DW6AXS
CF-W2EW1AXR CF-W2EW1AXS CF-W2EW6AXR CF-W2EW6AXS
CF-W2FW6AXR CF-W2FWPAXP
CF-W4GW9AXR CF-W4GW9AXS CF-W4GWPAXS
CF-W4HW4AXS CF-W4HW8AXR CF-W4HWYAXP
CF-W4JW8AXR CF-W4JW8AXS
CF-W4WWFDXS
CF-W5AW1AXS CF-W5AW1AXS CF-W5AWDAXS CF-W5AWDBJR CF-W5AWDPJR
CF-W5KW8AXR CF-W5KW8HXR CF-W5KWUAXP
CF-W5LW4AXS CF-W5LW8AXR
CF-W5LW8HXR CF-W5LWYAXP
CF-W5MW8AJR CF-W5MW8HJR CF-W5MW8HJR CF-W5MWVAJC CF-W5MWVAJP
CF-W5QW1AXS
CF-W7BW2AJS CF-W7BWHAJR CF-W7BWYAXP
CF-W7CWHAXS CF-W7CWHNJR
CF-W7DWBAAP CF-W7DWBAJP CF-W7DWJAAS CF-W7DWJAJR CF-W7DWJNJR
CF-W8EWBAAP CF-W8EWJAAS CF-W8EWJAJR CF-W8EWJNJR CF-W8EWNQJR
CF-W8FWAAJP CF-W8FWBAAP CF-W8FWDAAS CF-W8FWDAJR CF-W8FWGAJP CF-W8FWU1JC
CF-W8GWCAJP CF-W8GWDAJR CF-W8GWDNJR CF-W8GWJCJR CF-W8GWYAJP

CF-Y2CW4AXP CF-Y2CW4AXR CF-Y2CW4AXS CF-Y2CW5AXP
CF-Y2DW1AXR CF-Y2DW1AXS CF-Y2DW8AXP
CF-Y2EC2AXS CF-Y2EW1AXR CF-Y2EW2AXS CF-Y2EW6AXR CF-Y2EW6AXS CF-Y2EWAAXP
CF-Y2FW4AXS CF-Y2FW7AXS CF-Y2FWPAXP
CF-Y4GW4AXS
CF-Y4HW8AXR
CF-Y4JWSAXP
CF-Y5KW8AXR CF-Y5KW8AXS CF-Y5KWSAXP
CF-Y5LW2AXS CF-Y5LWVAXC CF-Y5LWVAXP
CF-Y5MW8AXS CF-Y5MWVAJP
CF-Y7BWHAXS
CF-Y7DWJAJR CF-Y7DWMAJP
CF-Y8EW6AAS
CF-Y8GWQAAS
CF-Y9JWQADS CF-Y9JWQAPS

CF-S8HWECPS CF-S8HY5BDP CF-S8HYEADR CF-S8HYEPDR CF-S8HYKBDP
CF-S9JWECDS CF-S9JYEDPS CF-S9JYEPDR
CF-S9KYFEDR CF-S9KYFFDR CF-S9KYFSDR
CF-S10AYPDR
CF-S10BVEDP
CF-S10CWHDS CF-S10CYADR CF-S10CYBDR CF-S10CYPDR CF-S10CYQDR CF-S10DVCDP
CF-S10EWHDS CF-S10EYADR CF-S10EYPDR
CF-SX1GETDR

CF-N8HYCADR
CF-N9JWCCPS CF-N9KWCJPS CF-N9LYPEDR
CF-NX1GVRTS

CF-F8EWJJJR CF-F8GWQCJS
CF-F9JYFCDR CF-F9LYKCDP

CF-J9LUDDDS CF-J9LY1AJR CF-J9NYABHR
CF-J10EWHDS CF-J10SYBHR

CF-B10AWADR CF-B10AWCYS

CF-C1AGAADP

同じジャンル

関連情報

Comments are closed.