認識されなくなった、データにアクセスできなくなったSeagate(シーゲート)製ハードディスクのデータ復旧、ロック解除を承ります。

認識されなくなった、データにアクセスできなくなったSeagate(シーゲート)製ハードディスクのデータ復旧、ロック解除を承ります。

ST3500320AS Seagate(シーゲート)製のハードディスクのBarracuda7200.11 ST3500320AS等にはディスク上のマイクロプログラム(ファームウェア)に不具合のあるものが存在し、ある日突然、パソコンでハードディスクが認識されなくなり、起動できなくなったり、データが読み出せなくなったりすることあります

メーカーや購入店で修理対応を拒否された場合、交換対応しか受け付けてくれないと言われた場合でもデータ復旧を諦めずにご連絡下さい!

具体的なトラブルの症状について

ある日突然、パソコンが起動しなくなる。
パソコンの起動画面で止まり、時間がかかる。
BIOSでハードディスクが認識されない。
パソコンに外付けでハードディスクを接続しても認識されない、表示されない。
ハードディスクのデータにアクセス、読み書きができない。
ハードディスクの容量が認識されない。
ハードディスクはスピンアップ、スピンダウンを繰り返す。カコンカコンと音がする。

等です。

ご注意!

専用の機材を用いて直接ハードディスクを制御しないと、データの復旧が行えません。パソコンのみでのデータ復旧は不可能です。

ハードディスクが認識されないからといって、絶対にハードディスクの開封を行わないで下さい!開封によりヘッドの位置がずれて、円盤(プラッター)に傷が付くと復旧不可能となります。またハードディスクを開封する悪質なデータ復旧業者にもお気を付け下さい。データ復旧はハードディスクを開封することなく可能です。

同型のハードディスクの基板を用意して載せ換えてみる方もいらっしゃいますが、それでもBIOSでは認識されません。基板上にメモりーチップが存在し、シリアルナンバーで駆動部(円盤、プラッター)を識別しています。また基板載せ替えの際に基板をショートさせて復旧困難となり、ご相談頂くケースも少なくないです。ご注意下さい。

Seagate(シーゲート)製ハードディスクのデータ復旧料金について

Barracuda 7200.11タイプ
ST31000333AS ST31000340AS ST31000640AS
ST31500341AS ST3160813AS
ST3320613AS ST3320813AS
ST3500320AS ST3500620AS ST3500820AS
ST3640323AS ST3640330AS ST3640623AS ST3640630AS
ST3750330AS ST3750630AS

BUFFALO HD-HESU2シリーズ

Barracuda ES.2タイプ
ST31000340NS ST3250310NS ST3500320NS ST3750330NS

DiamondMax 22タイプ
STM31000334AS STM31000340AS STM31000640AS
STM3320614AS STM3160813AS
STM3500320AS STM3500620AS STM3500820AS 
STM3750330AS STM3750630AS

ハードディスク復旧料金 35,000円(税込)

ファームウェア更新はサービスで対応させて頂いております。
上記料金は納品後、1週間以内にお支払頂ける場合の料金です。大手企業、大学、研究機関等、自社の締め日に従ってお支払されたい場合は料金を+10,500円とさせて頂きます。
ハードディスクの診断は無料で承ります。
データ復旧が不可能な場合は料金を頂きません。
RAIDの場合で作業の困難性が高いものに関しては追加料金が発生する場合があります。
チップ焼け等で基板が壊れているケース、ディスクが物理的に損傷を受けているケースでも対応可能な場合が少なくないです。お見積後、復旧をご依頼されるかどうか、ご検討下さい。

納期、所要時間について

 作業機器、検査機器が常に使用可能な状態にあるので、特別な問題がない限り、約30分程度で対応可能です。

 データの退避、ハードディスクの複製もご依頼される場合、ハードディスクの容量によりますが約1時間程度、余計にかかります。

お持ち込みによるデータ復旧の場合、データの機密性を考え、お客様同士の時間が重ならないように予約制とさせて頂いております。あらかじめ、電話(03-5828-5376)でご連絡下さい。

深夜、早朝の対応も可能です。

 ハードディスクを郵送される場合でも即日対応、即日発送させて頂きます。

お申し込み方法について

 まず、お問い合わせフォームもしくは電話(03-5828-5376)にてご連絡下さい。年中無休、1日24時間体制で対応致します

 お持ち込みでも郵送でも対応可能です。お持ち込みの際はあらかじめ、ご連絡下さい

Seagate(シーゲート)製ハードディスクのデータ復旧の実例

Got error 28 from storage engine

SELECT p.ID,p.post_title,p.post_date_gmt FROM wp_posts p LEFT JOIN wp_term_relationships t_r on p.ID=t_r.object_id LEFT JOIN wp_term_taxonomy t_t ON t_r.term_taxonomy_id=t_t.term_taxonomy_id LEFT JOIN wp_terms t ON t_t.term_id=t.term_id WHERE t_t.taxonomy='post_tag' AND t.name IN ('Seagate') ORDER BY p.post_date_gmt DESC ;準備中

RAIDの復旧実績もあり。
復旧可能なケースでは100%データの回収が出来ています

データ復旧の流れについて

①お預かりしましたハードディスクの症状を確認致します。
②データ復旧作業に取り掛かります。
③ハードディスクのファームウェアを更新致します。
④お預かりしましたハードディスクに物理的な障害等がないか診断致します。
⑤ご希望がございましたら、他の正常なハードディスクにデータを退避させます(オプション)。

ST3500320AS 

対応可能機器、対応可能OSについて

・DELL、SONY、NEC、富士通などのメーカー製デスクトップWindowsパソコン
・Macintosh(マック)のデスクトップ
・Linuxのデスクトップ
・Buffalo(バッファロー) TeraStation、I・O DATA(アイ・オー・データ)のLAN DISK等の外付けドライブ
・ハイビジョンレコーダー、DVDレコーダー
・青箱で販売されたCFD社のハードディスク
・Seagate社のハードディスク

OS、機器を問わず、対応可能です。

データの取り扱いについて

当社は秘密厳守に徹底致しております。
復旧されたハードディスク内のデータを複製したり、第三者に配布する等の行為は一切致しません。
復旧後、ハードディスクがアクセス可能であるかのチェックを行いますが、その際に個々のデータを参照する事はありません。
復旧作業は当社のみで行い、第三者にアウトソーシングする事はありません。

ハードディスクの取り扱いについて

 お預かり致しましたハードディスクは、物理的な衝撃、発熱により、損傷を受けることがないように細心の注意を払いながら、復旧作業を行います。

注意事項

復旧を希望されるハードディスクは持ち込み、もしくは郵送でお送り下さい。
ハードディスクを郵送される場合は、物理的な損傷を受けない様に厳重に梱包して下さい。郵送時のトラブルに関しては当社は責任を取りかねます。
ハードディスクを郵送される場合の送料はお客様のご負担となります。
料金のお支払いに関して、銀行振込の場合、振込手数料はお客様がご負担下さい。
【カテゴリー】 Uncategorized

同じジャンル

  • これから増やしていきます!

関連情報

  • これから増やしていきます!